ゼロエネルギー住宅

株式会社ヴァルトは森を家づくりの原点としています。「人と環境に優しい家」をコンセプトに、天然素材を使用し、健康で安全な住宅の実現を高いレベルで求め、お仕着せのデザインとは違った建てる人の個性を尊重した住宅を一棟一棟丁寧に建築しています。

ヴァルトは「ZEHビルダー」です。

政府は「エネルギー基本計画(2014年4月)」において「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」としています。

ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称で、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギー(太陽光発電など)を導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した住宅」とし、当面はNeary ZEHも含むとしています。

上記の目標を達成するための一事業としてネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業(補助金事業)を行い普及の後押しをしていますが、その補助金事業に対する設計・施工は、登録された「ZEHビルダー」に限るとされています。

「登録ZEHビルダー」は、2020年までの目標を掲げ、毎年報告することが義務付けられています。そのため、ヴァルトでも登録ZEHビルダーとしてZEH普及目標と実績を公表しています。

ZEH builder「ZEH28B-00092-C」
ZEHビルダーマークと登録番号

弊社のZEH普及目標および実績は次の通りです。

年度ZEH普及目標実績
2016年(H28年)50%(10%+Nearly ZEH 40%)59%(42%+Nearly ZEH 17%)
2017年(H29年)50%(10%+Nearly ZEH 40%)70%(40%+Nearly ZEH 30%)
2018年(H30年)50%(10%+Nearly ZEH 40%)
2019年(H31年)50%(10%+Nearly ZEH 40%)
2020年(H32年)50%(10%+Nearly ZEH 40%)