1. ホーム
  2. ヴァルトのこだわり
  3. 優しさは素材から

SERVICE

ヴァルトのこだわり

優しさは素材から

昔から家づくりに使われている木は、その暖かかさ、木目の美しさ、そして自然のもつ優しさと豊かさは暮らしの中に安らぎを与えてくれます。
人にも環境にも優しい自然素材を厳選し取り入れることは、豊かで安心して暮らせる住まいのための、基本と考えています。

無垢材の性質を生かす

「人々にとって最も身近な空間は自宅。そこは最も安全で健康的な空間でなければならない」著名な建築家や知識人達が口を揃えて唱える言葉です。

ヴァルトが素材にこだわるのは、自然素材こそが私たちにとって最も安全で安心できる建築材料だからです。

自然素材といえばやはり無垢材が最初に思い浮かびます、そして漆喰。調湿性のあるこれらの素材は、内装に使うことで相対湿度の調整や有害化学物質の吸着など私たちの健康的な暮らしをバックアップしてくれます。素材の製造時・廃棄時にも環境に大きな負荷を強いることもありません。

これら本物の素材には、時を経るごとに趣を変えるという楽しみもあります。適切なメンテナンスをしながら時の経変化による美しさを楽しめるのも、本物だからこそできる楽しみ方です。

このような本物の素材と、これに準じた安心できる素材を厳選し長所を生かしながら使用するのが私たちの役目と考えています。

羊毛断熱材・木質繊維断熱材 [PAVATEX(パヴァテックス)]

ヴァルトが標準仕様で使用する断熱材は、羊毛断熱材と木質繊維断熱材です。

羊毛断熱材は、製造過程で一切の接着剤を使用しないので無害。加えてホルムアルデヒドを吸着する性質があり、建築基準法に基づくシックハウス対策の規制対象外の素材です。
ロックウールや高性能グラスウールに準じる断熱性能があり、水漏れによるへたり・長年の弾力性低下にも強く、耐久性において豊富な実績がそれを証明しています。

有機素材特有の防虫対策も、非塩素系ホウ酸を使用することによりクリアー。ホウ酸は、コンタクトレンズや目薬、また防カビ剤・防虫剤としても使用され、安全性はご存知の通りです。

図:繊維の吸湿率

木質繊維断熱材は、木材を製材する過程に出る端材を繊維状に砕き成型したもので、成型時に接着剤などの成型補助剤を使用しないため、木の性質がそのまま活かされています。従って、廃棄時には燃料として使用でき、自然に土に帰すことも可能です。
また木質繊維断熱材は、蓄熱容量の大きさなどにより夏と冬の両期において優れた断熱効果を発揮する特長もあります。

これら二つの素材は、自然界の循環から生まれる天然材料を利用した、代表的なエコ建築素材です。

そして共通の吸放湿性は、ヴァルトが推奨するBreathability デザインには不可欠な性質です。

Breathability (ブレサビリティー)

ヴァルト採用のパヴァテックスシステムは、優れた木質繊維断熱材です。

冬の保温性
PAVATEX DIFFUTHERMの外壁は、寒い冬の間も建物内を温かく快適に保ちます。熱伝導率が低いため、熱損失が大幅に抑えられます。
夏の断熱性
木質繊維断熱材は、密度と比熱容量が高いため、熱を多く溜めておくことができます。熱エネルギーを長時間貯蔵できるで、暑い夏も室内は涼しく保たれます。
遮音性
軽量な木造軸組の建物に遮音性能を持たせることは、最も困難な課題の1つです。従来の遮音材と比べ、高密度の多孔質の表面により、高い遮音・吸音性能を備えています。
透湿性
木質繊維ボードは、非常に高い透湿性・吸湿性を示します。そのため、湿気を拡散し、結露を防ぐことができます。建物外皮に用いることで、健康で快適な室内気候を保ちます。
気密性
建物外皮はすべての通気開口部が閉じたときに気密性が保たれる必要があります。PAVATEXシステムは、透湿構造の利点を活かしながら気密性を保つように設計されています。
優れた室内気候
最新の断熱システムに要求されるのは、冬の断熱だけではありません。PAVATEXのボードは熱と騒音を遮断し、湿気による躯体の損傷を防ぐことで、快適で心地よい室内気候を実現します。
防火性
優れた燃焼特性と部材の防耐火性により、長時間にわたって延焼に耐えます。PAVATEX DIFFUTHERMシステムは、長年にわたり試験と認証を受けています。
持続可能で環境に優しい
PAVATEXは持続可能な方法で管理される森林からの天然原料のみを用いて木質繊維ボードを製造しています。難燃剤、防かび剤、殺虫剤などの合成成分は製造時に使用されていません。PAVATEXのボードは、CO2収支がに優れている(CO2収支<吸収量)うえ、完全にリサイクル可能です。

パヴァテックスシステム(PAVATEX)

PAVATEX 詳細ページへ(パヴァテックス)

天然素材塗料・漆喰

ヴァルトが採用しているドイツ、リボス社の塗料は、無農薬有機栽培の亜麻の花を原料に、製造時に一切の熱、高圧、薬品を使わず、昔ながらの製法で天然原料がもつ力のすべてを抽出しています。製品は食品レベルの安全性で、はいはいしたての赤ちゃんが床に倒れこんでも大丈夫。

また、スイスウオールの塗壁素材は湿度調節に優れ、梅雨時の湿気を調節しますから、カビやダニの発生を防ぎ、年間を通 じて常に快適な住環境を保つだけでなく、家そのものの耐久性にもつながります。

素材としてのドイツ式サッシ

開放感に満ちたゆとりの空間演出に、大きな窓は欠かせません。そこで、大きな窓が断熱性能を妨げないよう、高度な断熱性能をもつEU・DAKO社の高断熱サッシを装備。

この卓越した断熱性能は、建物全体の燃費に反映されます。 また、ガラス面の温度が室温に近づくため、冷輻射・冷気流がを抑えられ、体感温度がアップする効果があります。

夏は充分な風の通り道となり、心地よい室内環境に、窓が大きな役割を果たします。

DAKO社高断熱サッシの断面

  1. 1高断熱トリプルガラス: Ug=0.3〜 断熱ガラス(遮熱強化・遮光強化など機能選択が可能)
    サッシ全体の断熱性能 U=0.6~(w/m²K)
  2. 2スぺーサー: 断熱性強化スペーサー
  3. 3樹脂枠: 鋼製枠挿入、細分化、強度と断熱性強化
  4. 43重のシーリング: 遮音性・水密性・気密性に貢献
  5. 5断熱材: 枠の断熱強化
 

DAKO輸入販売 正規代理店

厳選された素材

写真をクリックすると拡大写真をご覧いただけます。

循環可能な素材

建材の製造時および廃棄時に環境に負担をかけない建材、放っておいても自然に帰るような素材が理想です。自然の循環はその過程で環境の再生を促進します。

蓄熱式薪ストーブ

ヴァルトの輻射暖房は、やわらかい輻射熱でゆっくりと、じっくりと時間をかけて室内を暖めてくれます。その暖房システムにさらに、蓄熱式薪ストーブ・T-LOFT Plusを装備することで、地球にやさしい熱エネルギーを確保できます。T-LOFT Plusは温水を蓄め、ピーエス社のHRヒーターに循環させることで、室内に効率的に熱を分配し快適な住空間をつくり出します。

資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

株式会社ヴァルト
〒381-0022 長野県長野市大豆島5215-1

026-268-4355
FAX.
026-221-2678

WEBからのお問い合わせ